ハワイをさらに楽しんでみよう
ハワイといえばエメラルドグリーンの海に快晴の空、
常夏の空気を想像する方が多いです。
そんなハワイをさらに楽しむことができる
ハワイアクティビティの数々・・・。
ハワイアクティビティをあなたのツアーに取り入れて
さらにハワイを楽しもう。

お問い合わせはこちら

ドルフィン・スイム

イルカと遊べるドルフィン・スイム

はじめに

酸素ボンベを背負って海中を探索する遊びは、ハワイ旅行者の中で高い人気を誇っています。

しかしハワイの海中がどれだけ美しくても、目的もなく見続けるのは大変です。

海中内で泳いでいる美しい魚や生物は、臆病なので近づくだけで逃げてしまいます。

飽きっぽい性格だと時間を持て余してしまう人種も存在しているのが現状です。

だから海中内を舞台にした遊びをする時は、特定のターゲットを決めるのが当たり前になりました。

ターゲットとして選ばれ易いのはイルカです。

イルカの鑑賞を目的としたダイビングは、ドルフィン・スイムと呼ばれています。

ドルフィン・スイムの楽しさ

ドルフィン・スイムが多くの人に受け入れられているのは、イルカの性格が関係しています。

イルカは好奇心旺盛な性格なので、人間が近づいても逃げてしまう事はありません。

それどころかイルカの方から人間達へ近づいて、コミュニケーションを取ろうとします。

イルカと一緒に戯れる事が出来るからこそ、ドルフィン・スイムという名称なのです。

ドルフィン・スイムのサービスの多くは、カメラの持ち込みが許可されています。

もしくはカメラのレンタルサービスも同時に実施しているのです。

ハワイの海は日本と比べると綺麗ですが、低スペックのカメラでは画質に問題が生じます。

しかし貸し出されているカメラは、水中用の撮影に特化しているので、画質面で不満を感じる事はありません。

それに加えて撮影した写真やデータは、当日中に受け取る事が出来ます。

日本語で話せるインストラクターがいれば安心

ドルフィン・スイムはイルカとの触れ合いなので、いくつかの注意事項をインストラクターから受ける事になります。

ハワイの主要言語は英語なので、語学力が不足している人は不安を感じる事もあるのが現状です。

ですがドルフィン・スイムはイルカとゆったりした時間を過ごせるので、高齢者に人気だという側面があります。

高齢化社会が到来している日本の観光客向けのドルフィン・スイムのサービスは充実しているのです。

そのためドルフィン・スイムの提供者を探していけば、日本語が堪能なインストラクターが帯同するサービスが必ず見つかります。

不安を抱えずにドルフィン・スイムを満喫したいなら、日本語が話せるインストラクターのいるサービスを選ぶべきです。

ドルフィン・スイムの後も楽しめるサービスが便利

ドルフィン・スイムの時間は無制限ではありません。

イルカと出会えるまでの時間を差し引くと、運が悪ければ一瞬で終わってしまう事もあり得ます。

イルカの事情が大きく影響する以上、運の要素に左右されるのは避けられません。

だから最近ではドルフィン・スイムと同時に別の海洋生物を鑑賞するサービスが登場しています。

最もポピュラーなのはウミガメです。

日本では目撃する事が難しい大きさのウミガメが、ハワイの周辺海域では泳いでいます。

季節限定ですがホエール・ウォッチングとドルフィン・スイムを併せて楽しめるサービスも存在しています。

12月から4月までの間はハワイでザトウクジラを目撃するチャンスなので、1度で2度も貴重な体験を出来るチャンスです。

以上の様にイルカと出会えなかった際の不満を補えるサービスが充実しています。

まとめ

海での遊びは身体を使ったものが多いので、運動不足な人は苦労する事もあります。

しかし遊び方を選べば十分に楽しむ事は可能です。

少なくともハワイのドルフィン・スイムは、多くの人が賞賛するだけの価値を秘めています。

ハワイに初めて訪れるのであれば、是非ともイルカとの遊泳を挑戦すべきです。

関連記事

  1. ハワイへ行くのならドルフィン・スイムは外せません

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

LINEでのお問い合わせはこちらから

PAGE TOP